講座概要
 
行動・心理症状の理解と対応;看護学の立場から

開催:2006.12.16 / 掲載:2007.3.9 / 時間:34min

価格(一般):\2,000 (専門士):\1,000 (学会員):\1,000

行動・心理症状の理解と対応;看護学の立場から

新サイトに移行しました(再度ログインが必要)
抄録 Get Adobe Reader
※抄録を見るには、Adobe Reader が必要です。

講義概要:

I.認知症高齢者の行動・心理症状(BPSD)の理解
1.ケアの質を保証するコミュニケーション
2.認知症者の状況に応じた行動がとれない(BPSD) ことと,状況に応じて対処できる力を見極める看護

II.認知症高齢者の行動・心理症状(BPSD) の理解と対応

1.認知症高齢者への個別的な入浴アプローチ方法の検討

 

佐藤 弘美
【略 歴】
昭和59年3月 千葉大学看護学部看護学科卒業
平成 8年4月 千葉大学大学院看護学研究科入学
平成10年3月 千葉大学大学院看護学研究科修了(看護学修士)

<職 歴>
昭和59年4月 千葉大学医学部附属病院 看護師
(呼吸器内科・循環器内科・皮膚科・麻酔科病棟)(昭和62年3月まで)
昭和62年4月 金沢大学医療技術短期大学看護学科 助手(平成2年3月まで)
平成 2年4月 千葉大学看護学部看護学科 助手
(成人・老人看護学講座,老人看護学教育研究分野)(平成8年3月まで)
平成 8年4月 川崎市立看護短期大学 助教授(平成12年3月まで)
平成12年4月 石川県立看護大学 助教授
平成17年4月 石川県立看護大学 教授(現在に至る)