講座概要
 
認知症の診断と疾患別にみたケアのポイント;レビィ小体型認知症と前頭・側頭型認知症

開催:2012.1.22 / 掲載:2012.3.1 / 時間:76min

価格(一般):\2,000 (専門士):\1,000 (学会員):\1,000

認知症の診断と疾患別にみたケアのポイント;レビィ小体型認知症と前頭・側頭型認知症

新サイトに移行しました(再度ログインが必要)
抄録 Get Adobe Reader
※抄録を見るには、Adobe Reader が必要です。

講義概要:

I.レビィ小体型認知症(Levy小体病)
 1.病態と診断
 2.薬物治療
 3.患者説明のポイント
 4.看護・介護のポイント
II.前頭・側頭型認知症(ピック病) 病態と診断
 1.薬物治療
 2.患者説明のポイント
 3.看護・介護のポイント

 

中村 祐
大阪大学医学部卒。大阪大学医学部大学院修了。大阪大学医学部、スウェーデンカロリンスカ研究所老年医学講座客員教授、奈良県立医科大学など経て現職。その他、精神保健指定医、臨床心理士、認知症ケア学会理事、日本老年精神医学会評議員、「認知症の人と家族の会」香川県支部世話人など。
アルツハイマー型認知症の生化学的な病態の解明の研究を行って来るとともに、アルツハイマー型認知症の治療薬の開発に長年にわたり関与。新規のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤やメマンチンの開発など最前線で活躍。「認知症の人と家族の会」香川県支部の設立にも尽力。第9回(2008)日本認知症ケア学会大会大会長。