講座概要
 
BPSDの思考展開のためのスーパービジョンの実際

開催:2012.8.10 / 掲載:2012.10.15 / 時間:60min

価格(一般):\2,000 (専門士):\1,000 (学会員):\1,000

BPSDの思考展開のためのスーパービジョンの実際

新サイトに移行しました(再度ログインが必要)
抄録 Get Adobe Reader
※抄録を見るには、Adobe Reader が必要です。

講義概要:

"BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)が見られる認知症の 人のケアを行う際には,適切なアセスメントに 基づいた統一したケアが求められる.また,そ の人の状態に合せたチームアプローチが不可欠 である.チームを構成する一人ひとりの認知症 に関する知識やケア技術にバラツキがあれば, BPSD の軽減を図るどころか,認知症の人に不 安や混乱を与え,症状を悪化させてしまう恐れ がある.
BPSD へ適切に対応するためには,認知症に 関する十分な理解が不可欠であり,かつ認知症 の人のおかれている心理的状況を洞察し,コミ ュニケーションを図る力も必要であろう.これ らの力は介護者が社会生活を送る中で,ある程 度は備わっているものではあるが,個人差も大 きく,一定のレベルに達するための学ぶ機会が 必要であり,所属する組織では研修・教育・指 導が必要となる.
当講演では,カンファレンスの場面を通して, ケアスタッフへどのようにスーパービジョンを 行うことができるのかについて,具体的に考察 したい.願わくは認知症ケア専門士がスーパー バイザーとして「カンファレンス」という機会 を大いに活用し,認知症ケア教育の充実に率先 して関わることで,チームとしてBPSD への対 応力を上げる役割を担ってもらうことにつなが ればと考える"

 

大久保 幸積
【略 歴】
<職歴>
昭和60 年11 月 社会福祉法人幸清会特別養護老人ホーム幸豊ハイツ・施設長
平成 2 年 4 月       〃     デイサービスセンター幸豊ハイツ・施設長兼務
平成 9 年 8 月       〃     グループホーム幸豊ハイツ・ほのぼの・施設長兼務
平成12 年 4 月       〃     総合施設長兼務
平成18 年 5 月 社会福祉法人幸清会,社会福祉法人大滝福祉会・理事長兼務
<認知症研修>
平成13 年 認知症介護研究・研修仙台センター指導者養成過程(第2期)修了,
スウェーデン・シルビアホーム財団認定認知症ケア継続研修修了
平成16 年 英国ブラッドフォード大学認定認知症介護研究PCC&DCM基礎課程修了
<著書>
北海道監修「痴呆性高齢者グループホーム研修テキスト」北海道GH協議会 2001.5(共著),
中島紀恵子編著「グループホームケア」日本看護協会出版部 2001.10.1(共著),ほか
<主な関連公職>
日本認知症ケア学会・評議員,認知症介護研究・研修仙台センター専門委員会・委員,北海道デイサービスセンター協議会・会長,北海道認知症ケア研究会・代表,ほか