講座概要
 
今日の認知症介護における法律問題

開催:2015.5.22 / 掲載:2015.8.26 / 時間:85min

価格(一般):\2,000 (専門士):\1,000 (学会員):\1,000

今日の認知症介護における法律問題

新サイトに移行しました(再度ログインが必要)
抄録 Get Adobe Reader
※抄録を見るには、Adobe Reader が必要です。

講義概要:

認知症介護は、21世紀の大きな課題となっており、病院で、施設で、また、在宅で介護をする方々にも大きな負担を与えています。
そこで本教育講演では、認知症介護をする際に生ずる社会的問題(それはほとんどは倫理・法的な問題)について、最近の事例(ないし判決)をもとに解説をします。「正しく法的な知識」を得て、「正しく対応する」ようにしてください。
※音声が不明瞭な部分がございます。何卒ご了承ください。

 

稲葉 一人
【略歴】
1980年10月 司法試験合格
1983年4月〜1998年3月 最高裁(大阪地裁判事補、秋田地家裁判事補、東京地裁判事補、大阪地裁判事)
法務省(広島地検検事、法務省局付検事)
1994年〜1995年 米国連邦最高裁判所客員研究員
1998年4月〜 関西学院大学法学部教授
2007年4月 姫路獨協大学法科大学院教授
2007年4月〜現在 久留米大学医学部客員教授
2007年4月〜現在 熊本大学大学院客員教授
2007年4月〜現在 群馬県病院局顧問
2008年4月〜現在 中京大学法科大学院教授
2015年4月〜現在 三重大学医学部客員教授