講座概要
 
認知症ケアにおける地域連携〜専門職連携と社会教育の現場の視点から〜

開催:2015.10.24 / 掲載:2015.11.13 / 時間:88min

価格(一般):\2,000 (専門士):\1,000 (学会員):\1,000

認知症ケアにおける地域連携〜専門職連携と社会教育の現場の視点から〜

新サイトに移行しました(再度ログインが必要)
抄録 Get Adobe Reader
※抄録を見るには、Adobe Reader が必要です。

講義概要:

T.実践〜認知症相談会・公民館活動から見えてきたもの
公民館活動の実践.導入期から展開期の中から見えるもの
公民館アンケートから
U.地域〜ボランティア・警察との連携
警察との連携の取り組み
V.地域の中での“心の支え”と“余裕を持てる”意味
芸術や文化に触れる中で,心の余裕や支えのできること
青年会議所との連携から試みた介護者の食事会からの家族の変化
W.これからの地域連携の展開で…
専門職は,お互いの組織・職種の使命や責任を理解するところから連携が深まり,地域連携へと広 がってくる
公民館(社会教育)とのつながりから,重要な役割を担う存在としてどう考えるのか

 

中澤 純一
【略 歴】
長野大学産業社会学部社会福祉学科卒
長野大学カウンセリング研究室修了
上田市デイサービスセンターにて介護兼ソーシャルワーカー
依田窪老人保健施設にて支援相談員兼介護支援専門員を経て
現在,特定非営利活動法人やじろべー・理事代表,宅老所もくれん・施設長,長野大学・非常勤講師,敬愛学院・非常勤講師